就労支援機器のページ
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構トップページへ

(スタイルシートを無効にしている場合は、文字サイズや配色を、「大きく」「小さく」「色をかえる」で変えることはできません。)

(ここから現在の位置を示します。)トップページ (2)> このサイトを見やすくするには(ここまで現在の位置です。)


(ここから、本文です。)

このサイトを見やすくするには

このサイトを見やすくするには、大きく言って、3通りの変更方法があります。 「ページ内の右上のボタンで」の変更と、「ブラウザの表示の設定で」の変更と、「コントロールパネルのユーザー補助のオプションで」の変更です。以下にこれらの代表的な方法のみを順に説明します。その他の方法は、ページの終わりに簡単に紹介しています。

(見出し) ページ内の右上のボタンで

このサイトでは、初心者のかたでも、またパソコンが苦手なかたでも、楽に見えやすさを変えられるように工夫をしています。ページ内の右上のボタンで文字の大きさや配色を変えることができます。文字の大きさは、5段階変えることができます。「もとにもどす」のボタンを押すと、文字の大きさも配色も、一番はじめの状態に戻ります。

なお、この機能を使うには、「Javascript」と「スタイルシート」と「クッキー」が使える設定になっている必要があります。

文字の大きさの変更の表
1 文字の大きさ:ふつう 「大きく」のボタンを押している図です。
2 文字の大きさ:大 文字サイズが1段階大きくなった図です。
3 文字の大きさ:最大 文字サイズが最大になり、「大きく」のボタンが押せなくなった図です。

配色は、標準の「白地に黒文字」と「黒地に白文字」と「紺色地に黄色文字」の3種類に変えることができます。

配色の変更の表
1 配色:ふつう 「色をかえる」のボタンを押している図です。
2 配色:黒地に白文字 配色が変わった図です。
3 配色:紺色地に黄色文字 「色をかえる」を押して、配色を順に変えている図です。

(見出し) ブラウザの表示の設定で

ページの中のボタンで提供される変更でも、満足できない場合は、ブラウザの設定を変更します。ここでは、メニューバーでの、文字サイズの変更方法をご紹介します。

ブラウザで文字の大きさを変更の表
1 インターネット・エクスプローラで、文字のサイズを変えるには?
メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選択し、ここで、「最大」から「最小」まで5段階変えます。
メニューバーを押している図です。
2 ファイヤー・フォックスで、文字のサイズを変えるには?
メニューバーの「表示」から「文字サイズ」を選択し、ここで、「大きく」や「小さく」を実行します。
「大きく」を押している図です。

ブラウザの設定文字や色の設定は、他にも「ツール」メニューなどにある「オプション」や「設定」などのメニューでも変更できます。


(見出し) コントロールパネルの「ユーザー補助のオプション」で

もっと文字の大きさや配色などを見やすくするために、大きく変更するには、ブラウザのオプションや設定、オペレーティング・システムの「コントロールパネル」などを設定する必要があります。ここでは、Windowsで、コントロールパネルの「ユーザー補助のオプション」で設定する方法をご紹介します。

ユーザー補助のオプションの表
1 ユーザ補助のオプションの「画面」タブで、「ハイコントラストを使う」のチェックボックスにチェックを入れます。 ユーザ補助のオプションを表示している図です。
2 「画面」タブの「ハイコントラストを使う」で、どのような表示にするかは、「設定」のボタンを押して、「ハイコントラストの設定」のダイアログを出して、設定します。ここで、黒地に白字の反転表示や文字の大きさなどが選べます。 「ハイコントラストの設定」のダイアログを表示している図です。

Windowsのコントロールパネルでは、他に「画面のプロパティ」で、画面の解像度や、ウインドのタイトルバーの文字サイズ、色、フォント、各種のサイズなどのデザインを設定できます。画面の解像度を小さくすると、画面に一度に表示される内容は少なくなりますが、テレビ型のモニタなどでは表示内容が大きく表示されます。液晶画面では、表示領域が狭くなり、表示内容が大きくならない場合もあります。コントロールパネルでは、「マウス」でポインタの大きさを大きくさせることもできます。

MacintoshのOSでは、7.xから9.xに画面表示拡大・反転機能の「クロースビュー」、OS Xでは、「システム環境設定」の「ユニバーサルアクセス」があります。

画面拡大をするアプリケーションを使って見やすくすることもできます。Windowsでは、「アクセサリ」の中の「ユーザ補助」にある「拡大鏡」があります。また、「ZoomText Magnifier (ズームテキスト マグニファイア)」のような市販の拡大ソフトウェアなどを使う方法もあります。