(ここから、本文です。)

視覚障害と支援機器

職場で使用する機器

視覚障害者が職場で主に使用する機器には、印刷物や写真などを拡大したり背景と文字色のコントラストを高くしたりする拡大読書器、パソコン画面の情報を点字情報に変換して表示する点字ディスプレイなどがあります。ソフトウェアでは、パソコン画面の情報を音声で読み上げる画面読上げソフト、パソコン画面の情報を拡大する画面拡大ソフト、スキャナで印刷物や写真などを読み込ませて文字情報を音声で読み上げたり、拡大読書器と同じように文字を拡大するなどの機能を併せ持つ活字音訳・拡大読書ソフトなどがあります。   
 この他にも、様々な機器等が開発されており、障害の状態及び従事する職務に応じてこれらを選択し、組み合わせて使うことができます。詳しくは、下記「支援機器の基礎知識」をご覧ください。また、「障害別に選ぶ」から具体的な製品の情報をご覧いただけます。


支援機器の基礎知識

画面読み上げソフト:

 Windowsの画面情報だけでなくワープロや表計算などオフィスで使用されるアプリケーションソフトの画面情報も音声で読み上げるソフトウェアです。最近は、インターネットエクスプローラーのようなブラウザやPDFファイルなども読み上げることができるようになっています。スクリーンリーダーとも呼ばれています。

画面拡大ソフト:

 パソコンの画面を拡大して表示したり、画面色を反転させて表示するなどの機能を持つソフトウェアです。市販のパソコンモニタでは見えづらい場合に使用します。

活字音訳・拡大読書ソフト:

 印刷物や写真などをスキャナで読み込ませた文字情報を音声で読み上げる機能や、スキャナで読み込ませた印刷物などを拡大読書器と同じように文字の拡大や反転させて見るなどの機能を持つソフトウェアです。

視覚障害者向けワープロソフト:

 すべての操作を音声でガイドし、視覚障害者が文書作成しやすいよう配慮されたワープロソフトです。拡大表示もできます。

視覚障害者向け宛名書き住所録ソフト:

 視覚障害者が、はがきや封筒の宛名書き、名簿や住所録のデータ管理を行えるよう配慮されたソフトウェアです。

音声メールソフト:

 メールの作成や送受信など、すべての操作を音声でガイドし、読み上げ機能や拡大表示できる機能を持つメールソフトです。

音声ブラウザソフト:

 インターネットのウェブページを音声で読み上げるブラウザソフトです。文字の拡大表示機能やコントラスト機能がついているものもあります。

点字読み取り・読み上げソフト:

 点字プリンタで印刷された点字印刷物をスキャナで読取り、音声で読み上げるソフトウェアです。

スケジュール管理支援ソフト:

 仕事のスケジュール登録や予定確認などが簡単に行え、画面読み上げソフトと一緒に使うことによって、読み上げてくれるソフトウェアです。

インターネット辞書検索ソフト:

 インターネットや電子ブック、CDなどで提供されている辞書を簡単に検索し、操作を音声でガイドしたり読み上げてくれるソフトウェアです。

インターネットニュース検索ソフト:

 ニュースを掲載するホームページを簡単に検索し、操作を音声でガイドしたり読み上げてくれるソフトウェアです。

名刺管理ソフト:

 名刺を小型専用スキャナで読み取り、データベース化してデータを活用できるソフトウェアです。宛名書きソフトにも対応しています。画面読み上げソフトと一緒に使うことによって、操作を音声でガイドしたり読み上げてくれます。

自動点訳・点訳支援ソフト:

 テキストファイル、ワープロソフトで書かれた文章、HTMLファイルやPDFファイルのテキスト部分を自動的に点字のデータに変換し、点字を知らないかたでも日本語や英語の点訳ができるソフトウェアです。


点字ディスプレイ:

 パソコン画面の情報を点字情報に変換して表示する機器です。画面読み上げソフトと併用して、文章を読んだり、プログラミングをしたり、文章の校正をする場合に、ひと文字ずつ確認するために使用します。スケジュール帳機能などを内蔵しており、単体でも利用することができます。

点図ディスプレイ:

 Windowsの画面情報を点図の形でリアルタイムに表示する機器です。文書のレイアウトや図表など点字や音声の情報だけでは難しかった図形情報がピンディスプレイに表示されるので、触ることで情報を得ることができます。


卓上型カラー拡大読書器:

 印刷物や写真などを拡大したり、背景と文字色のコントラストを高くしたりする機能を持つ、据え置き型の文字拡大装置です。一般的に「拡大読書器」と言われるものは、このタイプです。オートフォーカスでのピント調整機能、白黒反転機能、ネガポジ反転機能が、主流となっています。さらに、ライン機能やマスク機能を持っている機種もあり、より便利な機能を有しているものも、あります。

携帯型カラー拡大読書器:

 印刷物や写真などを拡大したり、背景と文字色のコントラストを高くしたりする機能を持ち、持ち運びに便利な携帯型の文字拡大装置です。モニタと一体型で、バッテリ式で約2時間程度の使用が可能です。市販のテレビに接続できる機器もあります。出張や会議の多い人や複数の場所で仕事をする場合に便利です。

パソコン接続型カラー拡大読書器:

 パソコンモニタに接続して、パソコンモニタ上で印刷物や写真などを拡大したり、背景と文字色のコントラストを高くして写し出す文字拡大装置です。パソコン画面と拡大読書器画面を切り替えて写し出すだけでなく、分割して両方写し出す機能をもつ機器もあります。パソコンを使って仕事をする場合などに便利です。

眼鏡型拡大鏡:

 オートフォーカスでのピント調整機能を持つメガネ型の拡大鏡です。遠くのものや近くのものを自動でピント調整してくれるので、両手で作業をする時にも便利です。


メール着信通知装置:

 メールの着信を光と音でお知らせしてくれます。

活字文書読み上げ装置:

 SPコードに変換した活字文書を音声で読み上げる装置です。特に難しい操作をすることなく、SPコードに変換された印刷物の文字情報を得ることができます。それだけでなく、SPコード作成ソフトを使用して社内の紙情報をコード化することにより、視覚障害を持つ社員と情報の共有化を図ることもできます。
※ SPコードは、紙による情報を音声で伝えるための新しいコミュニケーションコードです。この18ミリ(単位:mm)四方の切手サイズのSPコードの中には、漢字を含む日本語の約800字の情報を記憶させることができます。また、SPコードはパソコンで簡単に作成でき、印刷の解像度が600ディーピーアイ(単位:dpi)以上のレーザープリンターであれば、プリントアウトも可能です。

音声・拡大読書器:

印刷物をスキャナで読み取り、音声で読み上げたり、拡大読書器としても使える機器です。すべての操作を音声でガイドしてくれます。会議での配布物や本、冊子なども読み上げるので、視覚障害のある社員との情報共有に便利です。


カルテ管理ソフト:

Windowsパソコンで患者の情報や予約の状況、管理をするためのソフトウェアです。画面読み上げソフトと一緒に使うことによって、画面情報を読み上げてくれます。音声ガイドにより、操作方法も聞くことができます。


録音再生機:

会議や講義を録音したり、DAISY(デイジー)図書などのCDを再生できる機器です。キーを使って聞きたい項目へ移動できるなど、便利な検索機能が使えます。CD1枚に最大約90時間も録音することができたり、録音した音声ファイルを編集できるものもあります。
※ DAISY(デイジー)とは、国際標準規格のデジタル図書録音システムで、「Digital Accessible Information SYstem」の略称です。DAISY図書には、頭出しに必要な目次の検索情報が記録されているので、目的の部分を検索して快適に聞くことができます。一般図書だけでなく、専門図書、教科書、洋書もあります。


受付業務支援ソフト:

法人・団体・企業等での視覚障害者の電話受付業務を支援するソフトウェアです。画面読み上げソフトにも対応しています。見積、注文、伝言などの様々な受付業務に対応しており、マイクロソフトエクセルを利用して、社内でデータ共有もできます。

音声データ作成ソフト:

 パソコンのテキストや点字ファイルを音声データに変換するソフトウェアです。読み上げの音声(SAPI)を選ぶことができます。デスクを離れても、報告書などの内容を音声で確認することができます。

(ここまで、本文です。)

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える