(ここから、本文です。)

聴覚障害と支援機器

職場で使用する機器

聴覚障害者が職場で使用する機器として、主にコミュニケーションを支援する機器があります。例えば、電話でのコミュニケーションを支援する電話関連機器、テレコイル対応の補聴器などに音声を磁気誘導によって伝達する磁気ループシステム、会議室などで音声を拡大して聴き取りを支援する会議用拡聴器、筆談をサポートする筆談支援機器、声を文字にしてパソコンの画面に表示する音声認識ソフトウェア、パソコン上の文書ファイルを音声として読み上げる文章音声化コミュニケーション支援ソフトなどがあげられます。

また、離れた場所でも、業務上の連絡事項や緊急時の連絡などを、光信号やバイブレーションなどで知らせるための屋内信号装置、電子メールの着信を光でお知らせしてくれるメール着信通知装置もあります。

伝音性難聴の場合、音声を拡大する機器を使用することで補聴効果が表れやすいですが、感音性難聴の場合は、電話関連機器や会議用拡聴器が適合しないことが多く、その場合は筆談支援機器などの使用やメールのように電子データでのやりとりなど他の方法でコミュニケーションを図ることを検討します。詳しくは、下記「支援機器の基礎知識」をご覧ください。また、「障害別に選ぶ」から具体的な製品の情報をご覧いただけます。


支援機器の基礎知識

電話関連機器:

 受話器に取り付けたり、電話機本体に接続したり、受話器ごと交換するなどして、音量の増幅や骨伝導により聴き取りやすくするための機器です。また、骨伝導受話器は携帯電話用のものもあります。

磁気ループシステム:

 テレコイル対応の補聴器などに音声を磁気誘導によって伝達し、増幅して聴くことができます。また、マイクからの信号が直接ループに伝えられるため、周囲の雑音を押さえ、高音質を保つことができます。

屋内信号装置:

 離れた場所にいても、業務上の連絡事項や緊急時の連絡などの必要情報を送信し、光信号またはバイブレーション機能を持つ受信機で知らせるための機器です。同じ内容のメッセージを一斉に同時に送信したり、一人ひとり別々に送信したりすることもできます。

筆談支援機器:

 繰り返し使用できる筆談ボードです。磁気式のものや暗い場所でも筆談できるよう発光するものもあります。筆談による意思疎通だけでなく、メモや簡単な連絡事項を書いてメッセージボードとして使用したり、お客様とのコミュニケーションに活用したりできます。

音声認識ソフトウェア:

 マイクに話した言葉がパソコンの画面に文字で表れます。聴覚障害者との会話をサポートします。

文章音声化コミュニケーション支援ソフト:

 パソコン上の様々な文章を音声として読み上げます。発語に障害のある方のコミュニケーションをサポートします。

メール着信通知装置:

 メールの着信を光と音でお知らせしてくれます。

(ここまで、本文です。)

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える