(ここから、本文です。)

上肢障害と支援機器

職場で使用する機器

上肢障害者が職場で使用する機器として、主にパソコン操作を支援する機器があります。例えば、声でパソコンに指示して操作や入力作業が行える音声認識ソフト、市販のキーボードとマウスの代わりとしてキーボード操作とマウス操作の両方が行えるキーボード・マウス補助具、キーボード操作を支援するキーボード補助具、マウス操作を支援するマウス補助具などがあります。

他にも、市販のキーボードの上に、穴のあいた透明のアクリルカバーのキーガードをかぶせて操作したり、パソコン画面上にキーボードを表示して入力などができるスクリーンキーボード、パソコンを使いやすくするための肢体不自由者向けパソコン周辺機器などもあります。

また、受話器を使用しなくても電話の発信・受信ができるハンズフリー電話器、書類などをすべらないように確実に固定するデスクシートなどがあります。詳しくは、下記「支援機器の基礎知識」をご覧ください。また、「障害別に選ぶ」から具体的な製品の情報をご覧いただけます。


支援機器の基礎知識

音声認識ソフト:

 声でパソコンに指示して様々なアプリケーションソフトを起動したり、音声で文章入力したりできるソフトウェアです。キーボード入力に時間がかかる場合でも、音声で入力しアプリケーションの操作をすることにより、作業がより効率的になります。

キーボード・マウス補助具:

 1つ又は複数のスイッチを押すことにより、スクリーンキーボード上に表示された文字やコマンドを選択して文字入力やマウス操作やアプリケーションソフトの操作が行える機器です。スイッチスキャン速度やマウスポインタの移動速度、自動クリック機能などがあり、市販のキーボードやマウスがなくてもパソコン操作ができます。スイッチは作動圧が高いものから低いものまであり、作動圧を調節できる機能を持つものまであります。

キーボード補助具:

 市販のキーボードでは入力が困難な場合に、キーボードの大きさを大きくしたり、50音配列にして文字を探す時間を短くしたり、入力しやすいように文字配列を自由に変更することのできるキーボード補助具です。また、使う人の状態に合わせて、入力時間を長く設定したり、一定の時間以上キーを押しつづけないと入力できないよう設定したり、足で入力できるよう十分な強度で設計されているものもあります。

マウス補助具:

 市販のマウスが使いづらい場合に、マウスを握らなくてもわずかの力でマウスを動かすことができたり、市販のマウスの代わりにジョイスティックタイプのマウスやトラックボールタイプのマウスで操作したり、スイッチを押すことでマウス操作ができるマウス補助具です。マウスポインタの移動や左クリック、右クリックという通常のマウス操作はもちろん、ダブルクリックやドラッグなどの操作もボタンひとつでできる機能を持つマウス補助具もあります。

肢体不自由者向けパソコン周辺機器:

 上肢障害者がパソコンを楽な姿勢で操作できるよう傾斜をつけた台などのパソコン周辺機器があります。

ハンズフリー電話器:

 離れた場所から発信・受信ができるスピーカーホンです。受話器の上げ下げをしなくても、ボタン1つで操作できます。マイク付ヘッドセット、エアスイッチなどを用いて操作できます。

デスクシート:

 書類などを片手でも確実に固定することができるゴム製のシートです。

(ここまで、本文です。)

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える