(ここから、本文です。)

発達障害と支援機器

職場で使用する機器

発達障害者が職場で使用する機器として、ザワザワした場所が苦手な方のために、静かな環境で作業に集中するための環境調整用具があります。また、時計を理解することが難しい方のために、目で見て残り時間が分かるタイマーがあります。あとどれくらい作業をするのかという見通しを持つための助けになります。会話でのコミュニケーションが苦手な方のためのコミュニケーションエイドもあります。詳しくは、下記「支援機器の基礎知識」をご覧ください。また、「障害別に選ぶ」から具体的な製品の情報をご覧いただけます。


支援機器の基礎知識

環境調整用具:

 視覚的・聴覚的な刺激を軽減するついたてやヘッドホンです。ついたてを使うと、隣が気にならず、作業に集中できます。また、ヘッドホンは、周囲の音を聞きたいときに、装着したまま側面のスイッチを押すと音を聞くことができます。

タイマー:

 誰が見てもわかりやすい60分タイマーです。時計を理解することが難しい方も、目で見て残り時間がわかります。

コミュニケーションエイド:

 文字盤をタッチペンでタッチして語句を作り発声する機能や、今行なう活動、次に行なう活動など、見通しを持つためのスケジュール機能、タイマー機能があります。

(ここまで、本文です。)

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える